採用情報

リハビリテーション科の紹介


5.早く日常生活に帰って行けるよう、リハビリ環境にも配慮しています


段差の多い自宅


今までは意識しなかったと思いますが、自宅には廊下や敷居、玄関など段差が多く存在します。
1

空間の狭いトイレ


入院中に慣れた病院のトイレは、とても広いです。家に帰ってもそんな広いトイレがあるはずがありません。空間が変われば、使い勝手も変わります。
1

敷居の高い浴槽


入院中に慣れた病院の浴槽は、段差があまりなく、スムーズに入れます。しかしご自宅の浴槽は、かなり足を上げないと浴槽に入れないことを理解し、リハビリで解決策を探します。
1

畳の上での生活


ご自宅に戻られてから、畳の上で生活する方も多いと思います。できるだけ、ご希望を叶えられるように、試す場所があります。
1

布団での寝起き


退院後の自宅では、ベッドを薦められると思います。しかし、どうしても布団での生活に戻りたい場合、当院では試す場所があります。
1

冷蔵庫の開閉


冷蔵庫の開閉や物の取り出し・収納など、普段何気なく行っていた動作も、色々と複雑に手や身体を使うと実感します。
1

洗濯物を扱う


洗濯は、毎日の家事仕事の一つです。洗濯機の操作から洗濯物の出し入れ、畳んでしまうまで、何度も練習が必要です。
1

いつもの空間で料理をする


食材を切る、フライパンや鍋を使う、かき混ぜる、お茶碗を洗う。今までできていたことが、一工夫もふた工夫も必要なことを一緒に考え提案してゆきます。
1

今までしてきたことの継続


今まで行ってきた趣味や好きな手作業など、これを機会に始めてみませんか?手作業は、手の機能だけでなく、頭を使うので、年齢も若返りますよ。
1

1.患者様・ご家族の思いは、リハビリを展開してゆく上でとても大切です。
2.段階的にリハビリを行ってゆきます。
3.食事は、生活の中の『楽しみ』です。
4.コミュニケーションの獲得は、心も身体の回復にも必要です。
5.早く日常生活に帰って行けるよう、リハビリ環境にも配慮しています。
6.外出先では、今まで以上に障害物がたくさんあります。
7.根拠の蓄積とデータに裏付けられた質の高いリハビリを提供します。
  • 鎮誠会グループの活動・紹介
  • 医療社団法人 鎮誠会
  • 2013年春開院/看護師求人サイト
  • 季美の森リハビリテーション@鎮誠会
  • インスタ
  • 採用情報