採用情報

リハビリテーション科の紹介


7.根拠の蓄積とデータに裏付けされたリハビリを提供します


歩行練習や動作解析
(GRAIL,VICON)


自分の歩く姿を客観的に見ることは、その後のリハビリにも活きてきます。

栄養バランスとリハビリ
(InBody)


回復していくには、リハビリ内容だけでなく、身体の中からもよくなっていくことが必要です。

作業課題中の目線
(アイトラッキング)


日常生活において、手の作業は多いですが、病気になると、その作業がスムーズに行えません。私たちは、それらを視覚からも調べています。

どれくらい力がついたんだろう?
(easy tech)


太ももの力は、立ったり座ったりする時にとても重要です。日々のリハビリでどれくらい力がつきましたか?

まっすぐに座れていますか?
(SR ソフトビジョン)


多くの方が、車椅子を使用します。しかし、脳卒中などで左右のバランスが崩れると、真中がどこだかわからなくなり、正しく座ることも難しくなります。

1.患者様・ご家族の思いは、リハビリを展開してゆく上でとても大切です。
2.段階的にリハビリを行ってゆきます。
3.食事は、生活の中の『楽しみ』です。
4.コミュニケーションの獲得は、心も身体の回復にも必要です。
5.早く日常生活に帰って行けるよう、リハビリ環境にも配慮しています。
6.外出先では、今まで以上に障害物がたくさんあります。
7.根拠の蓄積とデータに裏付けられた質の高いリハビリを提供します。
  • 鎮誠会グループの活動・紹介
  • 医療社団法人 鎮誠会
  • 2013年春開院/看護師求人サイト
  • 季美の森リハビリテーション@鎮誠会
  • インスタ
  • 採用情報